MENU

HMBとBCAAはっどっちがいい?

HMB,BCAA,どっち

 

HMBとBCAAは、筋トレの話題には必ず登場しますよね?

 

もし、あなたがこれから筋トレを行い、効率的に筋肉をつけるならどちらを摂るのが良いのでしょう?

 

HMBとBCAAは別モノ

 

HMBとは?

HMBとは、「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」のことで、BCAAの1つであるアミノ酸「ロイシン」の代謝物です。

 

HMBには、

筋肉合成促進
筋肉分解抑制

効果が期待できます。

 

BCAAとは?

BCAA(パリン、ロイシン、イソロイシン)は、必須アミノ酸と呼ばれていて、体内で合成することはできません。

 

そのため、必ず食べ物から補給する必要があります。

 

BCAAには、3つの分岐鎖アミノ酸がバランス良く配合されているため、持久力が必要な長時間のトレーニングに効果を発揮します。

 

HMBとBCAAはどっちがいいの?

HMB,BCAA,どっち

HBMとBCAA結局どっちが良いのでしょう?

 

私の意見としては、筋トレをするならHMBを圧倒的に指示します。

 

筋トレを行う場合に、BCAAはあまり使われることがありません。

 

BCAAが向いているのは、マラソンなどの長時間の有酸素運動です。

 

筋トレのような短時間のトレーニングには、HMBを摂る方が効率的に筋力アップを目指すことができます。

 

HMBとBCAAの併用最強説!?

短時間の筋トレ前にBCAAを摂ることによる悪影響はありません。

 

ですから、HMBとBCAAを併用することでそれぞれのいいとこ取りできるのです。

 

BCAAを摂ることで長時間のトレーニング時に筋肉の分解を防ぐ効果が期待できます。筋肉の分解抑制は、HMBにもありますので、相乗効果が期待できます。

 

HMBを摂ることで筋肉の合成促進効果が期待できますので、BCAAと併用することでより効率があがります。

 

ただし、HMBと併用するならクレアチンの方がより相乗効果を得やすいです。

 

クレアチンの効果って?

HMB,BCAA,どっち

クレアチンには運動のパフォーマンスをあげる効果が期待できますので、筋肉がつきやすくなり、HMBは効率良く筋肉を作る効果が期待できますので、2つを併用することで効率が加速します。

 

HMBもクレアチンもBCAAも摂らないといけないとなると、結構な費用がかかってしまい、継続が難しくなってしまいます。

 

それなら、全部入っているサプリメントを飲んだ方が圧倒的に効率が良いですよね?

 

でも、そんな都合のいいサプリメントなんてないですよね?

 

いえいえ、実はそんな都合のいいサプリメントがあるんです!

 

全部入った都合の良いサプリメントはこちら!

 

>> 全部入った都合の良いサプリメントはこちら

 

関連ページ

クレアチンにはどんな効果が期待できるの?
筋トレする前にクレアチンを摂った方が良いと聞いたことがありますが、クレアチンにはどのような効果が期待できるのでしょう?
このページの先頭へ