MENU

誰でもできる!ヒネるだけ筋トレでウエストサイズ-5cm

 

季節にかかわらず、お腹周りのお肉って気になりますよね。

 

しかし、毎日決まった時間をとって腹筋など筋トレをやろうとすると意外と続かないものです。また、クランチなどの腹筋運動は自己流で行っても効果が出にくくやめてしまった人も多いのではないでしょうか?

 

おすすめはヒネる筋トレ!

そこでお勧めしたいのが、「ヒネる筋トレ」です。

 

「ヒネる筋トレ」は特定の時間を取る必要はなく、なにげない日常にちょっとだけ習慣づけるように取り入れる「体操」のようなものです。

 

その具体的な効果について説明します。

 

ヒネる筋トレの効果

普段運動をされていてランニングや散歩などしているという方でも腰回り・お腹周りのお肉って意外と動いていないことがあります。

 

このヒネる筋トレで普段あまり動かない部分を刺激してあげることで新陳代謝を促しウエストのシェイプアップに繋げます。

ヒネる筋トレのやり方

基本的なやり方としては、まず足を固定します。

 

バランスよく立つために肩幅程度に足を開くと良いでしょう。その状態で「腰をヒネる」たったそれだけです。

 

ヒネるイメージがわからない場合は、足を固定したまま後ろを振り向くように、はじめは少々大げさにやってみてください。

 

できれば左右に、30秒ほど継続して行うとなお良いです。たった30秒でも結構な運動になると実感していただけるはずです。

 

より効果をだすためのヒント

ヒネる筋トレにあわせて、腕を挙げることをあわせるとさらに効果を出すことが期待できます。

 

具体例としては、腕を平行にあげてプロペラのように左右にひねることでさらに体幹をひねるイメージがつくとともに二の腕への刺激にもなります。ボクシングのように拳を前に突き出す方法もあります。

 

例としては、左足を少し前に出し拳を胸前に構えます。

 

細かく考えずにボクシングのような構えと思えば良いでしょう。そこから右拳を前に突き出します。このときに注意としては、身体は前述した通りまっすぐを意識し右肩まで前に突き出すようにします。

 

十分に腰が捻れているのがわかると思います。10回やったら今度は右足を前にして左拳で行います。音楽をかけてリズムに併せて行うと楽しく行うことができます。

 

日常への取り入れ方

「ながら運動」が一番取り入れやすいです。「ながら運動」とは、TVをみながら、キッチンで料理しながら、掃除しながら、など普段やっていることに併せて行うとストレスなく続けることができます。

 

また、通勤中の電車を待つ間や仕事の休憩のリフレッシュとしてなど隙間の時間を使って行うとさらに効果が上がるでしょう。

 

あまり時間がない方でもちょっとした時間や何気ないときに併せて行うことで刺激を与える、または時間が取れた時にたった30秒意識して行うことで筋トレ・運動としても十分な効果があります。

 

無理なく、ご自分のペースに併せて取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

筋トレのお供にはHMBサプリがおすすめ!

 

>>おすすめのHMBサプリ

 

関連ページ

家でも出来る!超簡単な筋トレメニューとは!?
筋トレするのにジムへ行くのは、それだけでハードルが上がってしまいます。それなら、家で簡単にできる方がハードルは下がって、お金もかからないので、一石二鳥です!
このページの先頭へ